Oasis日誌 Big Brother Journal

オアシス "Roll with It" vs ブラー "Country House" から20年

      2015/09/20

NME 1995年8月12日付
NME-covers-Blur-v-Oasis

Battle of Britpop

1995年、ブラーはシングル"Country House"のリリース予定を変更し、オアシスの"Roll with It"が発売される8月14日に発売日を合わせたことでメディアの格好のネタになった。ブラーとオアシスのチャート争いは「Battle of Britpop」と称されイギリス中のメディアの1面を飾ることになる。これ以前からイギリスメディアによって熾烈なライバル間の争いは報道ネタになっており、この両バンドによるシングル同日リリースによってどちらが1位を獲得するのかと国民の関心を集めることになった。またリリース日を目前に控えた8月12日のNMEでは「British Heavyweight Championship」の見出しで1面を飾った。

両陣営もお互いを罵倒することによってメディア報道は拍車がかかることになり、全国紙、タブロイド紙、さらにはBBCの夕方ニュース番組でも特集され、音楽産業という枠組みを超えてしきりなしに報道された。とりわけ、現実的でワーキングクラス出身のオアシスと芸術肌でミドルクラス出身のブラーという対比は大衆の興味に大きな影響を及ぼした。のちにNMEはこの現象について「この週は、サダム・フセインが核兵器の準備をしていたことがリークされたり、連日のボスニアでの民衆虐殺や、マイク・タイソンがカムバックするなどの出来事があったにもかかわらず、タブロイド紙も一般紙もブリットポップの狂乱にいた」と書いている。

報道番組での特集
Oasis v Blur 1995 News Reports BBC & London Tonight (Youtubeを開く)
Blur vs. Oasis battle for No. 1 - Newsround Britpop special (Youtubeを開く)

勝者は…

このシングル対決の結果は"Country House"が274,000枚を売り上げチャート1位に、"Roll with It"は216,000枚で2位に終わりブラーの勝利で終わる。デーモン・アルバーンはオアシスを押さえチャート1位を獲得したことを「NMEを含め全紙がオアシスが勝つことになるって書いてたからちょっと信じてたんだよね」とNMEに驚きつつも語った。

しかし、この後にリリースされたブラーのアルバムThe Great Escapeは、オアシスのアルバム(What's the Story) Morning Glory?より低調なセールス結果に終わる。一方のオアシスは、アメリカで"Wonderwall"と"Champagne Supernova"のシングルにより持続的なセールスとなり、またイギリスではアルバム (What's the Story) Morning Glory? が最終的に400万枚以上のセールスとなり、歴代3位の売り上げを記録するなど、「War of Britpop」はオアシスが勝利を収める格好となった。(現在の歴代アルバムセールスは5位となってます)

以上は、"Roll with It"、"Country House"、"Britpop"のWikipedia(English)を参考にしました。


ほかにも"Roll with It"のバーコードのラベルミスがあり集計漏れがあった(だからオアシスが勝っていた!?)、などのエピソードもあります。

"Roll with It"と"Country House"のPV


 - Oasis

レクタングル大1PC

スポンサーリンク

レクタングル大1PC

スポンサーリンク

  関連記事

Columbiaの元ネタ

Columbiaの元ネタと思われる1991年にリリースされたAxe Cornerの"Tortuga"。ノエルはインタビューで、オアシス加入以前はクラブに通ってい ...

ノエルが語るネブワース20周年について

ノエルがネブワースの20周年についてドイツの雑誌event.のインタビューで語っています。 テレビドキュメンタリー(第二次世界対戦中のドイツ軍が恐竜を繁殖させよ ...